トップ> 大野城市市民公益活動促進プラットホームとは
■市民公益活動促進プラットホームのご紹介

市民公益活動促進プラットホームとは


市内では、住みやすく活気のあるまちとするため、市民主体でさまざまな公益活動(=市民が自主的かつ自発的に行う非営利の活動で、本市で行われる公益性のある活動)が行われていますが、活動の見える化や参加者の確保などの課題も抱えています。

市では、この課題の解決と公益活動の活性化のために、「全市共通で利用できる基盤となる仕組み=プラットホーム」の構築を進めており、平成31年4月から制度運用を開始することとしています。

プラットホームでは、柱となる三つの仕組みを連携して機能させることで、「公益活動の好循環」を生み出すことを目指しています。



仕組み1:総合ポータルサイト


総合ポータルサイトにより、市内で行われている公益活動の情報を集約し、一元的に提供することで、活動全体の『見える化』を実現します。

総合ポータルサイト(外部サイト)



仕組み2:ポイント制度「まどかぷらっと」


ポイント付与制度により、市民の参加を後押しするとともに、励みや、やりがいを創出し、活動の活性化につなげます。



仕組み3:プラットホーム連絡会議


公益活動団体が自由に参加できる連絡会議を設置し、情報共有や相互連携を強化します。






団体・個人登録の方法


  市民公益活動を行っている団体 市民公益活動に参加する市民(個人)
登録資格 市内に活動拠点があり、市民公益活動を継続的に行っている非営利団体で、所定の要件を満たす団体 市民公益活動に参加したいまたは、すでに活動に参加している、小学生以上の人(18歳未満は、保護者の同意が必要)
受付場所等 各パートナーシップ活動支援センター
(各コミュニティセンター内)

・各パートナーシップ活動支援センター

・市民公益活動促進総合ポータルサイト

・専用アプリ

登録に関するURL http://onojo-madopura.info/group/information.html(外部サイト) http://onojo-madopura.info/about/recommend.html(外部サイト)


制度を詳しく知りたい


総合ポータルサイト

情報の入り口として、プラットホームの制度紹介や様々な市民公益活動の情報などを"見える化"し、提供します。

総合ポータルサイト



制度に関する冊子(パンフレット)

プラットホームの制度を詳しく解説したパンフレットを作成しました。

総合編パンフレット

公益活動に興味がある、または参加している人(個人)向けパンフレット

施設について

コミュニティセンターのご紹介

施設のご利用・料金について

空き状況

イベントカレンダー

地域行政センターからの案内

カレンダー

コミュニティ行事案内

定期使用団体紹介

組織のご紹介

組織について

コミュニティ運営協議会

パートナーシップ活動支援センター

NPO法人共働のまち大野城

地域行政センター

中央コミの取り組み

コミュニティ活動応援ファンド

市民公益活動促進プラットホーム

使ってバンク

サロン事業

アンビシャス広場

ぞうさんひろば

買い物代行「ごきげんお届け便」

コミュニティ通信

防犯・防災対策

地域行政センター取り扱い業務

ふるさと納税

リンク集