トップ> パートナーシップ支援センター
■パートナーシップ活動支援センターのご紹介

北パートナーシップ活動支援センター


パートナーシップ活動支援センターは、コミュニティセンターを拠点に、市民と行政のパートナーシップによる自治力みなぎるコミュニティの実現のため、主に次のような業務を行っています。

*共働のまちづくり活動やボランティア登録についての相談受付、支援
*地域や行政が単独では解決できない地域課題についての共働による取り組み
*コミュニティセンターの施設貸し出しや、北地区の学校開放施設、近隣公園の利用受付

なお、パートナーシップ活動支援センターとコミュニティセンターの管理運営は、NPO法人共働のまち大野城北コミが指定管理者となり運営しています。


パートナーシップ活動支援センターではこのようなことができます

 パートナーシップ活動支援センターでは、地域活動やNPO・ボランティアの活動を支援するために、小会議や待ち合わせに利用できるフリースペースや、地域活動を行う上で必要な資料等の作成のための備品を設置しています。
 フリースペースや備品の利用には手続きが必要になりますので、事前に問い合わせてください。

<設置している備品>(一部有料)
情報検索用パソコン・プロジェクター・スクリーン・メールボックス・カラー印刷機・ポスタープリンター・ラミネート・紙折り機・裁断機

パートナーシップ活動支援センター 施設長の紹介

名前 村上 静夫
皆さんへ一言

コミュニティセンターも新たなコミュニティ組織に生まれ変わり、5年目を迎えました。 当センターにおきましても、コミュニティ運営委員会、地域行政センターと連携を図りながら、地域密着型の施設として、小さなお子さんからシニアの方まで、今まで以上に好感が持てるよう努めていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。
北パートナーシップ活動支援センターの活動紹介

●大野城市北地区コミュニティ活動応援ファンド

 

詳細はコチラ


 

●使ってバンク

 

詳細はコチラ


 

●市民星空観望会

 

詳細はコチラ

 

 

 

パートナーシップ活動支援センターが行っている事業の紹介

施設の貸し出し

施設について

イベントカレンダー

組織のご紹介

北コミの取り組み

証明書発行

リンク集

最終更新日:2017年2月20日 11:18