トップ> コミュニティ運営委員会
■北地区コミュニティ運営委員会紹介

北地区コミュニティ運営委員会

北地区コミュニティ運営委員会 会長の紹介

名前   嶋野 久
皆さんへ一言

今年度、北地区コミュニティ運営委員会会長に選任されました嶋野 久です。
北地区コミュニティ運営委員会では、上筒井区、下筒井区、山田区、雑餉隈町区、栄町区、仲島区、畑詰区の7地区が連携し、体育部会、まどか部会、青少年育成部会、福祉部会の各部会事業を推進し、北地区内の皆さんが住みやすいコミュニティづくりを行っています。
今年のMADOKAれくスポ祭は、北コミュニティーセンターがメイン会場になっています。多くの皆さんの参加をお待ちしています。
これからも、皆さんのご理解とご協力をお願いします。
北地区コミュニティ運営委員会 活動の紹介

全般

北地区コミュニティ7区と4つの部会の有為的なつながりをもって事業運営を進めています。
北地区MADOKAれくスポ祭、芸能まつり等種々の事業について効率的運営に努めています。
情報誌(コミュニティ通信)を地域行政センターと連携して情報の提供を行っています。
ボランティアの拡大や防犯パトロール並びに青色パトロールカーの地域巡回によって、安全安心のまちづくりや青少年の健全育成に貢 献しています。
パートナーシップ活動支援センターと相互に支援と協調を持って、共働による新しいまちづくりの実現に尽力しています。
アンビシャス広場を開設し、子どもたちが気軽に参加できる環境づくりに取り組んでいます。



各部会


体育部会

北地区7区や北コミュニティセンター定期利用団体、地元企業などが参加する、グラウンドゴルフ大会とユニカール大会を実施し、北地区内の親睦を深め、連携を図っています。
また、体育部会を中心とした実行委員会によるMADOKAれくスポ祭を開催し、軽・ニュースポーツの普及を行っています。


まどか部会

おおの山城大文字まつりで披露する「みこし」は、はりがねで形を作った上に紙を貼って作る「ねぶた」で、7月から9月までの約3カ月間部会員で製作します。
パレードは明るい時間ですので、中に灯りを入れて幻想的な「みこし」をお見せできないのが少し残念です。


青少年育成部会

北地区の子ども会育成会、小中学校PTA、スポーツ少年団、消防団など代表と少年相談員、少年補導員で構成する青少年育成部会では、毎月第2金曜日と学校の長期休暇にイオン大野城店周辺などの夜間パトロールを行っています。
北地子連と共催でドッチビー大会の開催や、6年生のボウリング大会も行っています。


福祉部会

北地区福祉委員合同研修会では、市や社会福祉協議会などから講師を招き、グループ討議形式で高齢者や障がい者と接するときに必要な知識を学びます。
また、各区の高齢者ミニデイに取り入れられるようなニュースポーツを体験する福祉レクリエーション研修や、北地区内の一人暮らしの高齢者を対象とした番茶の会などを開催しています。




取り組み


アンビシャス広場

詳しくはこちらへ>>


施設について

イベントカレンダー

組織のご紹介

北コミの取り組み

証明書発行

リンク集

最終更新日:2016年5月 4日 20:13