トップ> コミュニティ運営委員会
■中央地区コミュニティ運営委員会紹介

中央地区コミュニティ運営委員会

中央地区コミュニティ運営委員会 事務局長の紹介

kyokucho2.jpg

名前   前崎 邦明
皆さんへ一言

 中央地区コミュニティは、6つの行政区に居住する市民及び地域に活動拠点を置く機関・団体等を持って構成され、また運営委員会を組織し4つの専門部会を設置しています。
 体育部会および文化部会では、おおの山城大文字まつりでのみこし作りや踊り隊による参加、MADOKAれくスポ祭や文化フェスティバル等を開催しております。
 福祉部会による番茶の会や子育て支援親子教室等の開催、青少年育成部会では、少年補導員・少年相談員及びコミュニティ隊の協力で、夜間パトロールを実施し、青少年の非行防止を重点的に活動しています。
 また、ふれあいホールをアンビシャス広場として開放しています。

 以上のように、中央コミュニティーセンターを拠点として各役員による知識・経験を結集して、多様化した価値観に対応した事業を進めています。
中央地区コミュニティ運営委員会の活動紹介

全般

● 中央地区コミュニティ6区と4つの部会が密接な連携のもとに事業運営を進めています。
● 中央地区MADOKAれくスポ祭、文化フェスティバルなど種々の事業について効率的な運営に努めています。
● 情報誌(コミュニティ通信)を地域行政センターと連携して地域情報を発信していきます。
● ボランティアの拡大や防犯パトロール並びに青色パトロールカーによる地域巡回によって、安全安心のまちづくりや青少年の健全育成に貢献しています。
● パートナーシップ活動支援センターや地域行政センターと相互に支援と協調を持って、共働による新しいまちづくりの実現に尽力しています。
● アンビシャス広場を開設し、子どもたちが気軽に参加できる環境づくりに取り組んでいます。



各部会


体育部会

中央地区6区の連携を図り、おおの山城大文字まつりへの参加及びMADOKAれくスポ祭の開催を行っています。


文化部会

おおの山城大文字まつりへの参加や、文化フェスティバルの開催を中心として、6区の連携を図り、文化事業に取り組んでいます。


青少年育成部会

青少年育成のために、各区、各種団体及び関係機関との連携を図りながら、地域パトロールを中心とした活動を行っています。


福祉部会

独居老人の見守り事業や、番茶の会、子育て支援教室の開催並びに社会福祉協議会との共催によるふーちゃんゼミナールの開催などの活動を行っています。




取り組み


アンビシャス広場

詳しくはこちらへ>>


施設について

コミュニティセンターのご紹介

施設のご利用・料金について

空き状況

イベントカレンダー

カレンダー

コミュニティ行事案内

定期使用団体紹介

組織のご紹介

組織について

コミュニティ運営委員会

パートナーシップ活動支援センター

NPO共働のまち中央コミ 

地域行政センター

コミュニティ協議会

中央コミの取り組み

買い物代行「ごきげんお届け便」

アンビシャス広場

遊ぶぞ!キャラバン隊

高齢者集いの場「寄り処」

コミスポ教室

中央コミュニティセンター活用事業

ぞうさんひろば

コミュニティ通信

防犯・防災対策

証明書発行

リンク集