■中央コミブログ
2017.11.23

中央コミによっちゃらん? 「怒らない子育てのコツ」を実施しました!

kotukotu.jpg

「子どもをやる気にさせる魔法の言葉」

チラシ 子育て講座【PDF;529KB】

 

H300203Child mind controll magic spele.jpg


2017.11.23

フェアトレード試食会を開催しました!

11月23日(木・祝)フェアトレード試食会を行いました!

みなさん!「フェアトレード」って言葉ご存知ですか?

食品や衣料品など非常に安く買えてしまう事ってありますよね。なぜ安く買えるのかご存知ですか?今回は、その安く商品が買える裏に起こっている問題について、この問題を広く市民に知ってもらおうと活動している団体「フェアトレード試食会」と一緒に、参加者はフェアトレードで流通しているチョコレートや紅茶を試食しながら学びました。フェアトレードについての詳細は、フェアトレード試食会のfacebookページをご覧ください。

 

フェアトレード試食 Facebookアイコン (2).png https://ja-jp.facebook.com/fairtradessk/

 

今回は、そういった「フェアトレードチョコレート」を約40種類入手し、その商品の背景やメーカー、チョコレートショップ、団体などの想いを、文字通り噛み締めながら試食し、勉強をしました。

最後に、「一番美味しかった」や、「感銘を受けた」というチョコレートを参加者それぞれが発表し、講座を終えました。


参加者からは「そういった社会課題があることは知っていたので今回参加したけど、深く勉強したことがなかったので、今回はいい勉強になった。」などの声を聴くことができ、また、「近所に住んでいるアフリカ系の男性が「チョコレートを、日本に来て初めて食べた。」と言っていた意味と言葉の重さが理解できた。」など、単に遠い外国の話じゃなく、身近なところでもそういった状況にある人がいることに気付くことが出来たなど、参加者にとって大変学びの多い講座でした。


並べられたチョコ (2).JPG

 

 

試食しながら学ぶ参加者.JPG

 

 

試食のチョコ.JPG

 

 

また、ケーブルステーション福岡の取材も入りましたが、取材クルーにその理由を聞くと、最近よく耳にする「フェアトレード」に対しての取り組みは注目していたとのことで、世の中の流れのなかでも注目されている取り組みだと知ることが出来た大変有意義な講座でした。


取材するテレビクルー.JPG


※本事業はおおのじょうまちなかわくわくパビリオン(主催:(一社)大野城市にぎわいづくり協議会)の掲載事業です。

 

わくわくまちなかパビリオンアイコン (2).pnghttps://www.facebook.com/onojo.wakuwaku/

 

 

 


大野城市パートナーシップ活動支援センター

(運営:NPO法人共働のまち大野城中央コミ)

サロン事業


 


2017.11.22

わくわくカフェ「防災カフェ」が開催されました!

11月22日(水)わくわくカフェでは防災カフェを開催しました。DVD.JPG

7月、朝倉市や東峰村などが被災した九州北部豪雨。中央コミュニティセンターも自主避難者の受け入れをしましたが、そういったイザという時に役立つ防災食。

 

今回は、被災時に簡単調理で出来る防災食の普及活動を行っている「ほっとキッチン」の協力を得て、手軽に簡単に調理できる防災食の試食会を行いました。

 

最初に東北大震災を教訓に「あおもり被災地の地域コミュニティ再生支援事業実行委員会」が制作したDVD「安心できる避難所づくり~男女共同参画の視点を避難所運営に~」の上映会を行い、避難所運営を学び、そこで活用された防災食「パッククッキング」をほっとキッチンが調理し、参加者が試食を行うなど、防災食の作り方を教えてもらいました。

 

ホットキッチンのメンバー.JPG 

(ほっとキッチンのメンバー)


調理風景.JPG

 

出来上がった防災食.JPG

(出来上がった防災食)


参加者からは「こんな方法で簡単に調理できるなんて、普段のご飯作りにも活かせるし、いざという時に役立つよね。」という声もうかがい、大変勉強になった試食会でした。

 

※この事業は、大野城市中央地区コミュニティ活動応援ファンド事業の助成を受けて実施している事業です。

 

大野城市中央パートナーシップ活動支援センター

(運営:NPO法人共働のまち大野城中央コミ)

大野城市中央地区コミュニティ活動応援ファンド事業


2017.11.12

平成29年度中央コミュニティ文化フェスティバルが開催されました!!

11月12日(日)中央コミュニティセンターにおいて、中央コミュニティ文化フェスティバルを開催しました!

(主催:中央地区コミュニティ運営委員会)

横断幕.JPG 

ふれあいホールでは、中央地区の市民やセンターを利用する文化活動団体の作品の展示、中央地区コミュニティ活動応援ファンド助成事業の活動報告展示および、中央地区の子どもたちを対象に活動する団体による “チャレンジステージ”を行いました。参加した子どもたちは、バルーンアートや押し花で作るしおり、折り紙やバスボム、ストーンリングつくりや、バッゴー、スマートボール、輪投げなどのレクレーションスポーツ、けん玉、めんこ、コマ廻しなどの昔遊びに挑戦し、一日を楽しんでいました。


《チャレンジステージ》

作品展示.JPG

(文化活動団体の作品の展示)


バルーンアート.JPG

(みんなバルーンアートに挑戦!!)

 

ゲームコーナー.JPG

(バッゴーや輪投げで遊ぶ子どもたち)

 

 

多目的ホールでは、 “パフォーマンスステージ”を行いました。大利中学校吹奏楽部の演奏によるオープニングに続き、日舞、フラダンスなどの演舞、沖縄三線、ギターの演奏のほか、キッズダンスやチアダンスなどが元気いっぱいに披露されました。大野城市のPRキャラクター「大野ジョー」も舞台に立ち、見事なダンスを披露するなど観客を楽しませました。


《パフォーマンスステージ》

大利中ブラス.JPG

(大利中学校吹奏楽部の演奏)


キッズダンス.JPG

(微笑ましいキッズダンスとチアダンス)


大野ジョー.JPG

(大野ジョーくんもダンスを披露)

 

ロビーでは、「すまっぽん」のQRコード掲載した写真付きフォトカード作成。また、野菜、パン、コーヒーの販売を行いました。2階では、中央地区文化部会によるバザーコーナーでカレーライスやうどんなどを販売し、来場者に好評を得ました。

 

今年も多くの方々に参加、来場して頂き、盛会の文化フェスティバルとなりました。

 

今年も大野中学校の学生ボランティアの皆さんも運営協力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

学生ボラ集合写真.JPG



2017.10.31

下大利ハロウィン収穫祭が開催されました!

今年も下大利駅前西口広場で下大利ハロウィン収穫祭開催!

 

10月31日(火)午後5時から下大利ハロウィン収穫祭が開催されました!

今年は、大野城市が再開発を進めています下大利駅西口前の新しい駅前広場のこけら落としとして開催。来場者数は過去最大!2500人以上の方がつめかけました!

そして、毎年のことながら特に今年は、コスプレをした子どもたちが本部でもらったマップを頼りに、下大利界隈の商店や公園、神社に行き「Trick or Treat」と呪文を唱えるとお菓子がもらえるイベントには1500人以上の子どもが参加し、街中にはコスプレをした愛らしい子どもたちの笑顔あふれるイベントになりました。


列をなす子どもたち.JPG


また、駅前広場の特設ステージでは、子どもたちがステージで写真を撮るフォトタイムにはじまり、大野城内外で活躍する市民アーティストが演奏やダンス、歌を披露し、駅前広場や歩行者天国となった下大利駅前エル通りでもたくさんの出店が立ち並び、午後9時の終了まで多くの市民が楽しむ姿があちらこちらで見られました。

主催した下大利駅西口まちづくり協議会では、12月に入ると西鉄下大利駅前をクリスマスイルミネーションで、美しく飾るイベントを予定しており、下大利にもっともっとにぎわいを育もうという活動に期待が高まります。

 

メイン会場.JPG

(メイン会場の様子)

 

マップ.JPG

 

老松神社でお菓子を配るにぎ協.JPG

(老松神社でお菓子を配りました)

 

夜のエル通り.JPG

 (夜のエル通りの様子)

 


※本事業は、大野城市中央地区コミュニティ活動応援ファンド事業の助成を受けて実施しています。

※本事業はおおのじょうまちなかわくわくパビリオン(主催:(一社)大野城市にぎわいづくり協議会)の掲載事業です。(掲載No.20)

わくパビFecebook アイコン.pnghttps://www.facebook.com/onojo.wakuwaku/

 

 

 

大野城市中央パートナーシップ活動支援センター

(運営:NPO法人今日働のまち大野城中央コミ)

大野城市中央地区コミュニティ活動応援ファンド事業

 

 

 

 

 


2017.10.27

みんなの部活「花あそび」でハロウィンフラワーアレンジメントに挑戦しました!

10月27日(金)みんなの部活「花あそび」でハロウィンフラワーアレンジメント教室を開催しました!

年々注目を浴び、今ではバレンタインを抜く勢いで普及している「ハロウィン」。街中でもハロウィンの装飾をしたお店や、コスプレをした人たちが賑わせています!

 

今回は、そのハロウィンの時に自宅で飾れるハロウィンを模したフラワーアレンジメントのワークショップを行いました。

講師の「花あそび」の木下さんと立花さんの指導の下で、本物の装飾用のかぼちゃを使用し、参加者がそれぞれの非常に可愛い作品を作り上げていました。

参加者は真剣に、そして、楽しみながら製作に取り組んでいました。

 

ワークする参加者.JPG

 

皆さんの作品.JPG

(参加されたみなさんの作品です。とても素敵ですね!)

 


講師木下さん.JPG受付のアレンジメント.JPG

 

(講師の木下先生)

 

当センターの職員も製作に挑戦し、ハロウィンの期間中は受付を可愛く演出していましたよ。

 

※次回は12月15日(金)、クリスマスアレンジを行います。詳細は当ホームページのイベントカレンダーをチェックしてください!

 

大野城市中央パートナーシップ活動支援センター

(運営:NPO法人共働のまち大野城中央コミ)

サロン事業

 

 


2017.10.26

中央コミによっちゃらん? カラー講座「色のパワーで素敵な日々!」を実施しました

中央コミによっちゃらん?カラー講座「色のパワーで素敵な日々」を実施しました!

申込開始後、すぐに定員となったカラー講座「色のパワーで素敵な日々」を、10月19日(木)に実施しました。

先生の興味深いカラーのお話をみなさん熱心に聞かれていました。質問も多く出され、みなさんの色のパワーへの関心が高いことにおどろきました。

平成30年1月18日(木)に中央コミによっちゃらん「色のパワーで輝く!なりたい自分になろう!」を実施します。講師は今回と同じく福岡ファッションラボ True Color 代表 市原 玖美さんです。

申込開始は11月22日(水)です。定員30名となっております。先着順で定員となり次第締め切りとなりますので、参加希望の方はお早めにお申し込みください。


カラー講座.jpg


2017.10. 1

「おおのじょうまちなかわくわくパビリオン」に参加しています!

「おおのじょうわくわくまちなかパビリオン」(主催:一般社団法人大野城市にぎわいづくり協議会)とは、10月1日(日)から12月17日(日)までの間に、大野城市内で行われる様々なイベントにスポットを当てて、大野城を盛り上げていきましょうというイベントです。

NPO法人共働のまち大野城中央コミは、4つのイベントをエントリー。今年は「AR」をつかったスタンプラリーも同時開催。皆さんのご参加をお待ちしています!

※「AR」とは、スマホを使ったアプリ。詳細は「おおのじょうまちなかわくわくパビリオン」のFecebookページでご確認ください。

 

掲載イベント

掲載№

11

カラーコーディネート講座

「色のパワーで素敵な日々」

講師:

福岡ファッションラボ・Ture Color

カラーアナリスト 市原 玖美氏

日時:

10月19日(木)

10:00~12:00

参加費:無料

定員:15名

 

 

 満員御礼!

掲載№

28

フェアトレード勉強会

「一緒に食べよう!おいしく学ぼう!

フェアトレードチョコレート試食会」

講師:フェアトレード試食会

本田 正之氏、牛嶋 麻理子氏、塩澄 志麻氏

日時:

11月23日(木・祝)

15:30~17:00

参加費:1,500円

定員:20名

フェアトレード試食会.jpg 

掲載№」

29

子育て応援講座

「怒らない子育てのコツ」

(叱りすぎてませんか?)

講師:

パパママちかっぱ応援団

代表 山根 祐介氏

日時:

11月23日(木・祝)

10:00~12:00

参加費:無料

定員:15名

山根さん写真.jpg 

掲載№

34

年末片づけレッスン

「モノと心の整理」

講師:

イエノコト株式会社

家事セラピスト 山田 江美氏

(※講師が変更となる場合が御座います。ご了承ください。)

日時:

12月9日(土)

10:00~12:00

参加費:300円

定員:15名

 

片づけ講座.jpg 

※イベント開催場所はすべて大野城市中央コミュニティセンターです。

※イベントは、すべて事前申込制です。

※お申込み及びお問い合わせは中央コミュニティセンター窓口まで。

☎ 092-573-3127

担当:掲載No11・29・34 生島、坂元、No28 目叶(めがの)まで。

 

おおのじょうまちなかわくわくパビリオン


わくパビFecebook アイコン.png

https://www.facebook.com/onojo.wakuwaku/


  

中央パートナーシップ活動支援センター

サロン事業 

 

 

 


2017.9.23

国の特別史跡「水城跡」のあかりが開催されました!

大野城市にある日本最初の防衛施設「水城跡」の存在を多くの人々に伝え、ふるさと大野城を愛するこころを醸成し、この素晴らしい史跡を保全する目的で、9月23日(土)水城跡の東門と西門周辺で「国の特別史跡「水城跡」のあかり」(主催:薊(あざみ)の会)が開催されました。

このイベントは、大野城市立大利小学校、大野城市立下大利小学校や地域の子どもたち、水城跡周辺に在住する市民たちが作成した紙灯明を水城跡周辺に並べ、火を灯し、幽玄の灯を眺めながら遥か1350年を超える悠久の歴史に想いを馳せようとするものです。

準備から運営・片づけまでを、各小学校の親子や先生、地域のボランティアなどと一緒に薊の会が実施しており、大宰府ブランド創造協議会が主催している「古都の光」に参加して5年間実施され、その後、「国の特別史跡「水城跡」のあかり」として、大野城市中央パートナーシップ活動支援センター(運営:NPO法人共働のまち大野城中央コミ)が実施している大野城市中央地区コミュニティ活動応援ファンド事業の助成を受けて3年目の事業になります。

当日並べられた紙灯明は実に800個。幽玄の灯りを灯し、来場された住民などのこころに安らぎを与えていました。

また、この日、大野城市内にある大文字公園では、来場動員数6万人を超える「大野山城大文字まつり」も実施されており、日本最古の朝鮮式山城「大野城」が遺る四王寺山の山肌に「大」の字が灯され、子どもたちや住民らが作成した灯明で灯されたあかりの「路」が、四王寺山の「大」の字に続くように見られ、1350年を超える流れゆく歴史の「路」を創っているようでした。 

 

水城西門跡大灯明.JPG

 

 

親子ボラ.jpg

紙灯明を並べるボランティアで参加した親子。

この日は多くの親子がボランティアに参加されていました。

 

 

四王寺山に続くあかりの路.JPG

この日並べ、灯された800個の灯明のあかりが、遠く四王寺山に灯された「大」の字に向かって続く「路」のよう。

遥か1350年を超える悠久の歴史が現代に繋がっているようで灌漑ひとしおでした。

 

 


2017.9. 1

大野城市にぎわいづくり協議会の正会員になりました!

大野城市中央コミュニティセンターや大野城市中央パートナーシップ活動支援センターを指定管理者として運営しているNPO法人共働のまち大野城中央コミですが、この度、「共にふるさと大野城を盛り上げていきましょう!」との想いで、一般社団法人大野城市にぎわいづくり協議会の正会員になりました。

一般社団法人大野城市にぎわいづくり協議会は、ふるさと大野城の「宝」を活かし、また、発見し、磨き、広く発信し、ふるさと大野城に更なる「にぎわい」を創っていこうとする団体で、平成28年2月に発足しました。

この度、一般社団法人大野城市にぎわいづくり協議会に正会員になったことで、NPO法人共働のまち大野城中央コミが実施している事業を更にPRすることができ、また、お互いに事業を協力しながらふるさと大野城の更なる発展に寄与することができるものと考えます。

これからは、NPO法人共働のまち大野城中央コミと一般社団法人大野城市にぎわいづくり協議会は協力しながら地域課題の解決を図り、地域の活性化を図り、ふるさと大野城の発展に寄与できるように舵を取り、前に進んで行きたいと思いますので、今後とも応援をよろしくお願い致します。

 

PRワゴン.JPG

神出鬼没のPRワゴン!このワゴンでふるさと大野城をPRしています。

 

鶏ぼっかけ.jpg

ふるさと大野城のソウルフード「鶏ぼっかけ」

鶏ぼっかけをPRするために発足した「大野城鶏ぼっかけ隊」をサポートしています。

 


一般社団法人 大野城市にぎわいづくり協議会

 

《ホームページ》 http://www.madokanofumoto.jp/index.html

 

facebook.jpg 

https://www.facebook.com/onojoism/

 

 

 


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

施設について

イベントカレンダー

組織のご紹介

中央コミの取り組み

証明書発行

リンク集