■地域行政センターからの案内

 

就学援助の事前申請


新入学児童のいる家庭で、経済的な理由で学用品などの購入や給食費の納入が困難な家庭に、その費用の一部を助成します。


対象者
市内の小・中学校に通学予定の令和4年度新1年生で、次のいずれかに当てはまる家庭
・ひとり親家庭等で児童扶養手当の支給を受けている
・世帯全員の令和3年度の市民税割額の合計が基準額以下
・生活保護の停止または廃止の措置を受けて1年以内

 

受付期間

    令和4年1月7日(金)~2月28日(月)


詳細は下記をご覧ください。(大野城市ホームページ)

   就学援助(新入学用品費)の入学前支給について

 

 

高齢者のインフルエンザ予防接種

 

インフルエンザは、普通のかぜと違い、気管支炎や肺炎などを併発する感染症です。

 重症化を防ぐため、予防接種を受けましょう。対象者は1年に1回、自己負担金

1,500円で接種できます。

また、市民税非課税世帯と生活保護世帯の人は、自己負担金の免除制度があります。

 

 

実施期間

  令和3年10月1日(金曜日)〜令和4年2月28日(月曜日)の診療日

 

対象者(接種日現在、次のいずれかにあてはまる市民)

  ・65歳以上の人

  ・60歳から64歳までで予防接種診断基準を満たすと医師が判断する人


詳細は下記をご覧ください。(大野城市ホームページ)

   高齢者のインフルエンザ予防接種

 

 

 高齢者肺炎球菌予防接種の申請

肺炎は、高齢になると死亡率が急激に増加します。肺炎の発症と重症化を防ぐため、

予防接種を受けましょう。 事前の申請が必要です。

 

 対象者(次のすべてにあてはまる市民

  ・65歳以上、および60歳から64歳までで予防接種診断基準を満たすと医師が判断する

  ・今までに23価の高齢者肺炎球菌の予防接種(自費接種を含む)を受けたことがない人

 

  詳細は下記をご覧ください。(大野城市ホームページ)

 65歳以上の高齢者肺炎球菌予防接種(事前に申請が必要です)

 


施設について

イベントカレンダー

組織のご紹介

中央コミの取り組み

地域行政センター取り扱い業務

ふるさと納税

リンク集